【5】日本語コード変換の方法

 

UNIXでは、日本語の文字コードとして、次の3種類が混在して使われている。

1.JIS 7 ビットコード   2.日本語 EUC   3.シフトJISコード

cat で読もうとすると文字化けするとか、emacs で自動変換してくれないときは 漢字コード間の変換を行うツールを利用してみよう。

代表的なものとして

             nkf (network kanji filter)

がある。

 

 [使用法]

     %nkf -j 入力ファイル名 > 出力ファイル名

 

    -jはJISへ変換する場合. シフトJISへは -s で、また、日本語EUCへは  -e で指定する。

 

    変換後のテキストは出力ファイルへ出力される。

注意: 出力ファイル名を入力ファイル名と同じにしないこと。

 

(例)%nkf -e homework.txt > homeworke.txt    (PCで作成したシフトJISコードのテキストファイルhomework.txt をUNIX標準の“日本語EUCコードのテキストファイルへ変換し、ファイル homeworke.txtを作成する)

 

    %nkf -j 入力ファイル名  (この場合、変換後のテキストは画面に出力される)

        

TOPへ戻る

 

【6】記号の読み

 

   ! (エクスクラメーションマーク)

  

   ' (クォーテーションマーク,引用符)  [注意] 引用符はそれが対になっていれば("")ダブルでも('')シングルでもかまわない。"('')"や逆が可能

   " (ダブルクォーテーションマーク)      

  

   # (シャープ記号、デリミタ)            $ (ドル記号)

  

   \ (円記号)                            & (アンパサンド)

  

   * (アスタリスク、星印)                , (カンマ)

  

   . (ピリオド)                          / (スラッシュ)

  

   : (コロン)                            ; (セミコロン)

  

   ? (クエスチョンマーク、疑問符)        @ (アットマーク)

  

   [] (大カッコ、角カッコ)               {} (中カッコ)

  

   ^ (カレット)                           _ (アンダースコア)

  

   ~ (チィルデ、波ダッシュ)

  

TOPへ戻る

 

<< 参考文献 >>  

     [1]「XウインドウによるUNIX入門」、九工大情報科学センタ−編、朝倉書店

 [2]「ワークステーションでの暮らし方」、九工大情報科学センタ−編、朝倉書店

     [3]「入門UNIX」、「実用UNIX」、「応用UNIX」、羽山博著、アスキ−

     [4]「いけいけUNIX」、J.R.レビン他著、クオリテイK.K.訳、アスキ−

     [5]「UNIXを使い始めた方へ」、ア−ク情報システム編、電気書院

     [6]「UNIX入門」、小山裕司他著、トッパン

     [7]「図解UNIX」、川崎盛美著、ナツメ社

   [8]「実用UNIXハンドブック(改訂新版)」、舟本奨著、ナツメ社

 

TOPへ戻る