はじめに: UNIXを使っていて困った時に!!!

どのキーをたたいても、カーソルが動かない

C-q を打つ

カーソルは動くが反応がない

(1) C-d を1回押す(1回だけ! でないとログアウトする)

(2) C-c を押す

(3) ESC-keyを何回か押す

(4) 端末の電源を切断し、10秒くらいしてから入れ直す

 

<< UNIXを利用するために必要な情報を得るには >> 

【1】コマンドの使い方を知る [man]

 UNIXをはじめると、次々とコマンドが出てくるので少し食傷ぎみになったりもする。しかし、豊富なコマンドを一度に覚える必要はなく、基本的なものを覚えたらあとは一度ちらちらどんなコマンドがあるかみておけば、必要なときに

          あの男(man)に聞いてみよう

           man コマンド:オンラインマニュアルの表示 

 

%man コマンド名 によってコマンド名についての情報が得られる. しかし、色々書いてあり過ぎて困惑してしまうかもしれない。もし、「こんなことがやりたい」と思ってもそれに使う<コマンド>が思い出せない、 いや、全然知らないならばどうすればよいのか?

そこで以下の オンラインマニュアルを10倍活用するために を知っておこう

 

(1)         manコマンドのオプションとオンラインマニュアルに含まれる説明

%man cal

             

内容を1画面分表示した後に一時停止し、サブコマンドの入力待ち状態になる。

  [一時停止状態で入力できる主なサブコマンド]

  space-key -->次画面を表示

    return-key -->次の1行を表示

         b   -->前画面を表示

         q     -->表示を終了

 

[以下に %man cal で表示される出力を示す]

------------------------------------------------------------------------------

                       コマンド・リファレンス 第 1 巻

------------------------------------------------------------------------------

cal コマンド]

目的

カレンダを表示します。

構文

cal [ [ Month ] Year ]

説明

cal コマンドは、指定した年や月のカレンダを表示します。

Year パラメータは、ある年のカレンダが必要なときにその年を指定します。 cal コマ

ンドは、1 年から 9999 年までのどの年のカレンダでも表示できるので、その年の最後

2 桁のみではなくすべての桁を入力する必要があります。 Month パラメータは、必

要な月のカレンダを識別します。 1 (1 月を示します) から 12 (12 月を示します) ま

での数字が使用できます。Year パラメータも Month パラメータも指定しないと、cal コ

マンドは、現在の月を表示します。 いずれか一方のパラメータのみを指定すると、cal

コマンドでは、そのパラメータは Year パラメータであるとみなされ、指定した年のカ

レンダが表示されます。

    注: cal コマンドは標準入力を受け入れません。

cal コマンドは、ロケールの設定に従って月と日に適切な名前を使用します。 LANG、 L

C_TIME、LC_ALL、TZ 環境変数の詳細については、「AIX General Programming Concept

s: Writing and Debugging Programs 」の『National Language Support Overview for

Programming』の項を参照してください。

 

終了状況

このコマンドは次の終了値を戻します。

0 正常終了しました。

> 0 エラーが発生しました。

  1. 1994 年 2 月のカレンダをユーザのワークステーションに表示するには、次のよう

     に入力します。

     cal 2 1994

  2. 1994 年のカレンダを印刷するには、次のように入力します。

     cal 1994 | qprt

  3. 84 年のカレンダを表示するには、次のように入力します。

     cal 84

 

ファイル

/usr/bin/cal cal コマンドが入っています。

関連情報

calendar コマンド。

AIX バージョン 4.3 システム・マネージメント・コンセプト : オペレーティング・

システムおよびデバイス 」の『各国語サポートの概要』の項。

AIX バージョン 4.3 システム・ユーザーズ・ガイド : オペレーティング・システム

およびデバイス 」の『入出力のリダイレクト』の項。

AIX General Programming Concepts: Writing and Debugging Programs 」の『Natio

nal Language Support Overview for Programming』の項。

------------------------------------------------------------------------------

 

 (2) セクションによる検索

man コマンド では、コマンドの説明だけでなく、C言語のライブラリ関数やファイルの形式など UNIX を利用するうえで

必要な事項の全般についても調べられるようになっています。それらの項目は8つのセクションに分類・整理されています。

 

セクション番号

項目

ユーザ・コマンドとデーモンを示します

2

システム・コールとカーネル・サービスを示します

3

サブルーチンを示します

4

スペシャル・ファイル、デバイス・ドライバ、ハードウェアを示します

5

構成ファイルを示します

6

ゲームを示します

7

その他のコマンドを示します

8

管理コマンドおよびデーモンを示します

 

%man chmod と入力しても、セクション1のマニュアルしか表示してくれない。それで、セクション2の chmod を

調べるためには、man コマンドにセクションの番号を指定する。 %man 2 chmod

 

(3) キーワードでコマンドを探す

 やりたいことはわかっているのだけれど、そのコマンド名がわからない??というときはキーワードで検索する。

% man -k fin    (ファイルを探すコマンドで“fin何とかいうのがあったと思うが…)

FindBin (3)             - Locate directory of original perl script

XDefineCursor, XUndefineCursor (3X11)   - define cursors

XtFindFile (3Xt)        - search for a file using substitutions in the path list

find (3)                - traverse a file tree .PP finddepth \- traverse a direc

tory structure depth-first

XtFindFile (3Xt)        - search for a file using substitutions in the path list

xfindproxy (1)          - locate proxy services

xlsatoms (1)            - list interned atoms defined on server   

 

2】コマンドの絶対パス名を知る [whereis]

階層構造になっているファイルシステムのなかでそのファイルがどこに存在するかを知る

1 %whereis mail

mail: /etc/mail /usr/bin/mail    (出力)

2 %whereis math.h

math.h: /usr/include/math.h    

3 %find / -name man ?print

/usr/lpp/ssp/perl5/lib/man

/usr/lpp/ssp/perl5/man

/usr/ucb/man

/usr/bin/man

/usr/share/man

/usr/man

/usr/dt/share/man

・・・

[注意] findコマンドはシステムに大きな負荷をかける場合があるので、できるだけ使用しない

【3】どのコマンドが実行されるかを知る [which]

whichコマンドは引数に指定されたコマンドが実際にコマンドラインに指定されたときに、どのディレクトリにあるコマンドが

起動するかを調べて表示します。2種類あるmailコマンドのどちらが実行されるかを調べたいときなどに便利です。

 

例 %which mail

/usr/bin/mail

TOPへ戻る