手帳

早川美徳 (2002年2月13日)

 真冬だというのに妙に暖かい日曜の午後、男はぶらりと駅前のカメラ屋に立ち寄った。カメラ屋とはいってもいわゆる家電量販店で、最新の情報機器が並べてある一角の混み様とは対照的に、カメラ売り場のほうは閑散とした様子だ。男の仕事はコンピューター関係のエンジニアなので、仕事の性質上、そこに並んでいる機械がどんな風に働いて、どの程度の性能なのかについては大体分かるけれども、各社の型番や新機能といった最新情報には案外と暗かったりする。

 とりたてて欲しいものもなかったので、客のいないところを見つけてはちょっと触ったりしながらあちこちを巡っているうちに、携帯機器のコーナーにたどり着いた。そこには手帳ほどの大きさの、いわゆるPDA(Personal Digital Assistant)がずらりと並んでいる。PDAと言っても何のことはない、ちょっと機能の増えた電子手帳だ。

 仕事には昔ながらのシステム手帳を愛用していたこの男は、この種の一見便利そうに見える機械にはひどく懐疑的で、所詮は子供の玩具だと侮っていた。会社でも同僚や、ときに上司までもが、使いにくそうにしながら電子手帳を操作しているのを見て、気の毒にさえ思えるくらいだ。通信機能を使って得意げに「名刺交換」をやっている様子などは滑稽にしか見えない。もっとも、最近では仕事の形態も随分と変わって、会社や得意先との連絡や打ち合わせは携帯電話やパソコンでも出来るし、仮に得意先でケーブルが一本足りなくなっても、携帯で連絡すれば、すぐに配達業者が現場まで届けてくれる。会社側も経費節減のために社員になるべく出社しないよう勧めているので、同僚や上司のそうした姿を見ることも殆どなくなった。ここ二週間ほどは、毎日、自宅と現場との往復だ。

 沢山並んだ中に、少し小ぶりで洒落たデザインの電子手帳(PDA)に目がとまった。周りに会社の人間が居ないのを確認してから、手に取って操作してみる。触っているうちにだんだんと面白くなってあちこちの機能を試しているうち、ふと人の気配を感じたので前を見ると、焦点の定まらない目をした背の高い店員が立っていた。
「こちらは、いま大変な人気でして、あと在庫は一つだけになります。色は、お客様が今お使いのものになります、ハイ。」
もともと買う気などなかったけれども
「他の色のは無いの?」
と尋ねると、
「いま大変な品薄でして、他にブルーとワインレッド、それからシルバーがあるんですけど、注文いただいても、いつ入荷するかわからないんです、ハイ。」
自分の「目利き」にすこし満足した男は、値札に目をやり、意外に安いことに気が付いた。普段は衝動買いなどは滅多にしないのだけれど、思わず
「じゃぁ、これでいいです。これって、確か、メモリカードを増設できますよねぇ・・・・」
といった調子で、結局、本体と付属品を数点買うことになってしまった。後から気が付くと、付属品類の総額は本体とほとんど変わらず、予想外の出費となった。

 近くのコーヒースタンドで一服したあと、地下鉄で自宅に向かう。地下鉄には男と同じXXXXカメラの袋を下げた客が何人か乗っていて、皆、どこか遠くを見つめていた。

つづく


雑文に戻る

© 2002 Yoshinori Hayakawa