Create  Edit  Diff  Mac OS X Serverで作る 小さな計算機室  Index  Search  Changes  RSS  Login

小さな計算機室 - SieveConfig Diff

  • Added parts are displayed like this.
  • Deleted parts are displayed like this.

!!メールの転送

講座のメールサーバーを更新するというので(ホントは私が言い出したのだけど)、
MacProを購入して、OS X Serverを入れる。

5年以上使ってきたサーバーはまだ元気に動いてはいるものの、
すでにOSは2世代前(FreeBSD 4)だし、ハードディスクなどの故障も
心配な時期に差しかかっている。
手慣れていて、管理の手間の要らないシステムということで、
講座にもMac OS X Serverを導入することにした。

通常の設定はさくさくとこなし(これまで苦労したいくつかのバグはすでにfixされていた)、
メールサーバー機能を設定する。

たいしたことはないな、とタカをくくっていたら、やっぱりAppleらしいバグに遭遇した。
各ユーザーのメール転送やフィルタ設定はsieveを使っていただくのが標準仕様らしいので
マニュアルのとおり

# /etc/services に sieve 2000/tcp を追加して(callbackはコメントアウト)
# サーバ管理でメールサーバーを再起動
# /usr/bin/cyrus/test/sieveshell コマンドで sieve スクリプトを登録

とやろうとしたところが、
connecting to localhost
dyld: lazy symbol binding failed: Symbol not found: _init_net
   Referenced from: /System/Library/Perl/5.8.6/darwin-thread-multi-2level/auto/Cyrus/SIEVE/  managesieve/managesieve.bundle
  Expected in: dynamic lookup

dyld: Symbol not found: _init_net
   Referenced from: /System/Library/Perl/5.8.6/darwin-thread-multi-2level/auto/Cyrus/SIEVE/ managesieve/managesieve.bundle
   Expected in: dynamic lookup

Trace/BPT trap

と、しっかりエラーになる。OSに最初から入っているスクリプトが動かないなんて・・・・

Cyrus関係を入れ直す根性はないので、アップルがbugfixするまで、別の方策を考えることにしよう。

Sieveの文法:http://www.ietf.org/rfc/rfc3028.txt

!!とりあえずの .forward

メールの転送設定をしたい人は多いと思うので、とりあえず、/etc/postfix/main.cf をエディタで開き
allow_mail_to_commands = alias,forward,include
を書き加えておく。各ユーザーのホームディレクトリに置く.forwardの中身は、こんな感じ
\foo,foo@naninani.phys.tohoku.ac.jp