Create  Edit  Diff  Mac OS X Serverで作る 小さな計算機室  Index  Search  Changes  RSS  Login

小さな計算機室 - MacProMemo Diff

  • Added parts are displayed like this.
  • Deleted parts are displayed like this.

計算機室ではなくて、自室用にMac Proを購入(もちろん自分の研究費で)。
OSのバージョンは同じでも、Intel版は微妙に内容が異なる箇所がある。
設定のメモ

!!! mod_rubyのコンパイル

WEBサーバーに使おうと思ったので、mod_rubyとerubyを入れる。
mod_rubyのリンク(名前の解決)に失敗するので、最後のところを
cc -dynamic -bundle -undefined suppress -flat_namespace   -L/usr/lib  -o mod_ruby.so mod_ruby.o ・・・
となるように手を加えたら通った。

!!! ファームウェアのアップデートに失敗
「EFIファームウェア・アップデート 1.0」を導入しようとしたら、何度やっても失敗する。
本家Appleのディスカッションを見たら、内蔵ディスクをRAID構成にしていると、このアップデートに
失敗するらしい。

その後、外付けHDにOSをインストールし、そちらを起動ディスクにして、アップデートをかけた。

!!!カーネルパニック
10.4.8に上げて、再起動したら、いきなりカーネルパニックで「黒画面」になってしまった。
Appleのサイトを見ると、こんなことが書いてある:

http://docs.info.apple.com/article.html?artnum=304511-ja

AppleはRAID構成に「正式には」対応していないみたいだ。

!!!ファイアウォールが使えない
Mac OS X Server 10.4.8 (Universal) を購入してMac Proにインストールしてみたが、期待通りと言うべきか、
なんだか変なところがある。
一番困るのは、ファイアウォールを動かすと、サーバーのシリアル番号のチェックができなくなって
しまい、結果、サーバー管理ツールが使えなくなってしまうことだ。
ファイアウォールのルールの書き方には依らず、OS X Serverが勝手な設定を上書きしてくれるので、
The local firewall has more than one rule #1! Assuming (UDP 626) blocked.
Tue Oct 24 17:07:27 2006: LOGERR:  Local firewall NO LONGER has our port (UDP 626) blocked.
のように、port 626が「自動的」にブロックされてしまう。
確かに、「ある時間」が経過後にipfw list すると、ルール00001番に勝手に追加されている。

ファイアウォールが動かないとNATも動作しないし、困ったものだ。
次のリリースまで待つしか無さそうだ。

そのままでは困った状態になるので、その後、[[SerialNumberDeamon-Workaround]] のような策を講じた。

!!!外付けハードディスクから起動できない
Intel版のMacを外付けハードディスクから起動するには、
オプションで「GUIDパーティションテーブル」を選んでからパーティションをきり直さないと
いけないらしい。
PowerPCもIntelも、両方起動可能な「ユニバーサル」な外付け起動ディスクが作れれば、
端末室の管理に便利なのに。
ともあれ、起動可能な外付けドライブは、Macユーザーにとって必須アイテムと言える。
いっそ、Mac OS Xと外付けドライブはセットで販売すべきだ。

!!! DHCPもおかしいぞ
DHCPの設定でルーターのアドレスを入力しようとすると、ルーターのアドレスがどんな
ものであれ、「それは配布用のアドレスの範囲内だぞ」と怒られる。
いまどきのAppleのエンジニアは、IPアドレスの比較ルーチンもまともに書けないのだろうか。

!!!HDDが消えた
休日に勝手にリブートしていたので、不思議に思っていた。念のため、ディスクをチェックしようと
ユーティリティを立ち上げると、ドライブを1台しか認識していない。
標準で付いていたWDのほうだ。
再起動してみると、起動にやたらと時間がかかり、しかも画面に「駐車禁止マーク」が出て、
いやーな気分になる。
幸い、RAID1にしていたので、しばらくするとマシンは片側ドライブだけでも何とか起動した。

電源を落として、ドライブを抜いて、再び刺したら、再びドライブは認識された。
ディスクユーティリティを立ち上げると、RAIDの再構成が自動的に始まり、今では何事も無かったかのように動いている。

Mac ProのHDDのマウント方式は、とても便利な反面、接触不良になりやすい構造なのかもしれない。

!!ハード・ドライブ・アップデート 1.0
Tigerが10.4.11になった頃に、ハードドライブアップデート1.0がリリースされた。
講座のサーバーのHDDはファームウェアのアップデートが必要らしく、深く考えないでアップデートを
かけたら、再起動の途中のApple印の白い画面で止まったまま、先に進まない。
まずいことになてしまったかも、と思いつつ、電源を落として、再度起動したら、何事も無かったように立ち上がった。やれやれ。
恐ろしいことになるといけないので、アップデータは消してしまった。

!!起動しないぞ
共有設定をいじっているうちに、ルートディレクトリにパーミッションが755でなくなってしまい、起動できなくなってしまった。具体的には mDNSResponderを起動するあたりで、"No such file or directory"が延々と出続けて、先に進まない。シングルユーザーで入って/ のパーミッションを直し(chmod 755 /)、ついでに、DVDで起動して、ディスクユーティリティでもパーミッションのチェックをかけておいた。