Create  Edit  Diff  Mac OS X Serverで作る 小さな計算機室  Index  Search  Changes  RSS  Login

WEBブラウザーでもトラブル

使えるWEBブラウザー

Mac OSに標準搭載のWEBブラウザー Safari は、ある種のWEBアプリケーションでは うまく動作しないことがある(らしい)。

WEB履修登録は、もちろんWEBブラウザを使って行うわけだが、すでにSafariでは問題がある ことが判っているとのことだったので、無難な線ということで、FireFoxをインストール しておくことにした。

学生に配布された「操作説明書」には

・パソコンに以下のインターネット閲覧ソフトウェアが必要です。
  Microsoft Internet Explorer5.5 Service Pack (sp) 2以上またはNetscape Navigator4.7以上

と書いてあったので、そもそもMacを導入する際には「Safariがダメでも、 最近のMozilla/FireFox/Netscapeならどれでも大丈夫だろう」と考えたのだった。 だって、Netscape 7.1は、誰が考えても 「Netscape Navigator4.7以上」だし。

実際のところ、このシステムの教員のための機能(つまり成績管理)は以前から使ったことが あって、FireFoxで全く問題なかったので、安心してMacの導入を決めたのだった。

聞いてないよ?!

eMacを入れて、設定もほぼ終わりかけた頃に、教務係を通じて、「Windowsマシンじゃないと ちょっとまずいかもしれない」という情報が聞こえて来た。 最初からMacは想定外だったらしいのだ。

それでは困るというので、各方面にお願いしているうちに、システムを開発した業者が 端末室までテストに来てくれることになった。僕としては軽快に使えるFireFoxを学生に 使わせたかったけれど、「Netscapeでお願いします」とガンとして譲らなかったので、 まずはNetscape 7.1でテストを開始した。でも、操作の途中でブラウザーごとハングして しまうことが発覚して、結局Netscape7.1は「使えない」ブラウザーに転落。

「それではFireFoxで行きましょうか」と僕は言ったのだけれど、業者は「Mozillaでだったら、やって みたことがあるので」ということで、次はMozilla 1.7xでテストを開始した。 Mozillaは何ら問題なくテストをパスして、晴れて業者認定済みのブラウザに昇格したのであった。

NetBoot環境でトラブル

Mozillaをブートイメージに入れて、本番に臨んだところ、そこでまた予期せぬトラブルに遭遇した。 Mozillaにはプロファイルを管理する機能があって、プロファイル(通常はdefault)を使用中に もうひとつMozillaを立ち上げようとすると「プロファイルが使用中」エラーになって、先に 進めなくなる。

Macの場合は

$HOME/Library/Mozilla/Profiles/default/何々.slt/.parentlock

というファイルを使って、プロファイルを排他的にロックしているらしい。 通常、このファイルは、長さ0の空ファイルだ。 スタンドアローンのeMacでは、Mozillaのこの機能は、特に問題もなく、きちんと 動作するようだ。

一方、本番で使うNetBoot環境では、この .parentlockが、その端末に割り当てられたIPアドレスを 名前に持つ別ファイルへのシンボリックリンクになっている。ロックの仕掛けが微妙に違うらしい。 そして大変困ったことに、NetBoot環境ではこのMozillaのプロファイル管理が正常に動作しなくなってしまった。

Mozillaを起動する度に「プロファイルは使用中」と注意され、プロファイルマネージャーから プロファイルを切り替えるか削除するように勧告されるのだ。 毎回、毎回そんなだから、使っている学生も、様子を見ているこちらも、本当に嫌になってしまった。

何とかしようと思い、上述の.parentlockを手作業で削除してみても、何ら改善されない。 MozillaがOS 10.4.2に未対応なのかもしれないが、次のセメスターまでに 何とか抜け道を見つけ出さないと・・

たぶん解決

その後コンピュータ名を設定するの設定を行ったところ、Mozillaは快調に動くようになったみたいだ。やれやれ。

と思いきや、学生のアカウントでは、やっぱり「Profileが使用中」が出る模様。解決策は全く不明のまま。

強行手段

MozillaのProfile問題に辟易しているうちに、Mozillaの開発が終わってしまった。 もうバグが直る可能性は無くなったわけだ。 大学当局も早くFireFoxなりSafariなりをWEB履修に使えるようにして欲しいものだ。

ブートイメージに手を入れ、ログインフックを以下のように設定してみた

defaults write com.apple.loginwindow LoginHook /usr/local/sbin/loginhook

loginhookの中身はこんな感じ

#!/bin/sh
DIR_MOZILLA=~$1/Library/Mozilla
eval /bin/rm -rf $DIR_MOZILLA

ログインフックはrootで実行されるそうなので(そのユーザーの権限で実行するほうが 何かと良いと思うのだが・・・)、ログインすると同時に、 否応なしにMozillaの設定ファイルを消してしまうわけだ。 Mozillaは履修登録にしか使わないので、これで苦情が出ることは無いだろう。

Last modified:2006/11/02 17:39:08
Keyword(s):[mozilla] [loginhook]
References:[Mac OS X Serverで作る 小さな計算機室] [frontpage]