Create  Edit  Diff  Mac OS X Serverで作る 小さな計算機室  Index  Search  Changes  RSS  Login

アプリケーションソフトの導入

NetBootイメージには、気がついたときに、あれこれとソフトを放り込んできたけれども、 自分で何をどうしたのか、だんだん分からなくなってきたので、ここいらへんでソフトの 整理をすることにした。

フリーソフトの類の導入には、これまではEasyPackage( http://www.ie.u-ryukyu.ac.jp/darwin2/ ) を活用させていただいていたが、MacPortsに乗り換えることに決定。

しばらく前に転出された教員が置いていってくれたPowerBook (G4)が、巡り巡って、僕のところ に来たので、学生用端末のブートイメージ作りに(も)有り難く使わせていただく。 これまで、端末室まで出かけては孤独に行っていた作業が、自室でできるので、とても快適だ。

Mathematica 5.2

情報科学研究科でライセンスを取得しているMathematicaが、 学内の学生用教育施設に限って、利用可能とのことで、 以前から Mathematica 4.2 を導入させてもらっていた。 そちらのライセンス期間がそろそろ切れるようなので、 (最新の6ではなくて)5.2のメディアをお借りしてインストールする。

まずは、MathLMをサーバーに導入し、ライセンス番号とMathID, サーバー名 を使って、http://register.wolfram.com/ にアクセスして、パスワードを取得。 /Library/StartupItemsに登録して、自動起動するように設定。 マニュアルの通りに作業すれば良いので、非常に楽。

MathLMはTCPのポート16286を使うみたいなので、ファイアウォールの設定も確認。

ブートイメージにMma5.2をインストールして、ライセンスサーバーのIPアドレス をセットしておく。

その後、Mathematica 5.2の入ったブートイメージがようやく完成し、テストしようと思ったら、 ライセンスサーバーが応答しない。 不審に思い、色々と調べたがどうにも原因が分からず、困りはてたころ、そのライセンスが すでに満了していることに気づく。 情報科学研究科でライセンスを更新してくれるまで、Mmaはしばらくお預け状態。

TeXShop

TeX関係はMacPortsでptexやghostscript, dvipdfmxなどをインストールする。 ptexはeucがデフォルトになっていた。 aqua/TeXShopはチェックサムのところでいきなり失敗するので、 本家http://www.uoregon.edu/~koch/texshop/からダウンロードして /Application におく。 TeX関係は/opt/local/binにインストールされているので、エディタで

/Applications/TeXShop.app/Contents/Resources/TeXShop/bin

の中のplatexやptex関係のスクリプトを開いて、PATHに/opt/local/binを追加しておく。 さもないと、TeXShopの環境設定でptexを選択しても、コマンドを探し当ててくれない。

R

生命科学の先生からのリクエストでインストール。

http://www.r-project.org/からMacOS用をダウンロードして、インストール。

Octave

Octave.appをhttp://sourceforge.net/projects/octave からダウンロードして、そのままインストール。

Eclipse

本家サイトhttp://www.eclipse.org/からOS X用をダウンロードして、そのままインストール。

NetBootされたクライアントから使おうとすると、ファイルのパス名が長くなりすぎるためか、 最初にワークスペースを作るところで失敗してしまう。 ワークスペースの保存先を /tmp/workspace などにすると動く。

NeoOffice

MS Officeは高くてとても台数分は買えないし、買ったとしても、Windows版との互換性の 問題があるので、却ってトラブルの元になりそうだ。

オフィススィートとしてNeoOfficeを入れておく( http://www.neooffice.org/neojava/ja/index.php )。 1.2GHz〜1.4GHzのG4では、ちょっと動作がもっさりしてしまうが、十分実用レベルだろうと思う。 昔、Mac Plusで使っていた日本語ワープロに比べれば、天国のような使い勝手だ。

Acrobat Reader

Adobeのサイトからインストール。

MacPorts

諸々のフリーソフトの類はMacPorts経由でインストール。 ブートイメージの中にports関係のファイルを含むのはもったないので、

ln -s  /Volumes/WORK/opt/macports /opt/local/var/macports

のようにして、作業領域だけは別のボリュームに追い出しておく。

と思ったら、インストールされるファイルの実体は /opt/local/var/macports./softwareの中 にあるので、上記のシンボリックリンクはやっぱり止めにする。

/etc/profile, /etc/bashrc を編集して、/opt/local/binにパスを通しておく。

インストールしたおもなソフトのリスト:

  • gimp-app
  • gnuplot
  • aquaterm
  • maxima
  • wxMaxima
  • g97
  • w3m
  • kinput2-macim
  • nkf
  • lha
  • pTeX
  • dvipdfmx
  • fftw
  • gsl
  • gawk
  • ghostscript
  • ghostview
  • qt4-mac
  • povray

入れようとしたけれども、途中でビルドに失敗したソフト

  • k3dsurf --> qt3-macで失敗

ライブラリー関係

LAPACK

計算物理関係の授業でLAPACKを使っていらっしゃるとの話を聞いたので、ソースにあまり手をいれなくても 良いようににと

ln -s /System/Library/Frameworks/vecLib.framework/Versions/Current/Headers/clapack.h /usr/local/include/clapack.h

しておく。 コンパイルするときは

-framework vecLib

オプション付きで。

手作業で導入したソフト

surf

本家からソースをダウンロードしてコンパイル。そのままでは通らなかったので、一部手作業で jpeglib.h, gmp.h, tiffio.hのパスを通しておいた。

QtiPlot

qt4-mac, qwt, gsl, muparserはMacProts経由で入れる。

qwtplot3dはhttp://qwtplot3d.sourceforge.net/からダウンロードしてmake. できあがったdylibを/opt/local/libに移動。

Qtiplotのソースをhttp://soft.proindependent.com/qtiplot.htmlからダウンロードし、qtiplot-0.9.1/qtiplot/qtiplot.proでPythonのスクリプティングをコメントアウト

#SCRIPTING_LANGS += Python

その他、INCLUDEPATHとunix:LIBSも設定しておいてからqmake ; make.

出来上がったqtiplot.appを/Applicationsの中に放り込んでおく。そのままだと、ダイナミック ライブラリのロードに失敗するので、ちょっと汚い方法だけれども、

ln -s /opt/local/lib /usr/local/lib

しておいた(もともと/usr/local/は使っていなかったので)。

これは便利かと思っていたが、どうやら、ライセンス登録をしないと、ある時間経過後に、勝手に 終了してしまうことに気づき、がっかり。

代わりに Plot http://plot.micw.eu/ を入れておくことにする。

Last modified:2008/08/07 02:12:16
Keyword(s):[Mathematica] [TeXShop]
References:[Mac OS X Serverで作る 小さな計算機室] [frontpage]